陶芸が世界一身近なまちで

サスティナブルな地方創生を目指す





子供や孫たちにどのような社会を残せるのか?


地球環境の事を真面目に考え、調べたり生活習慣を変えたりして解ってきたこと。それは、食料の問題や教育問題、空き家の問題まで、全て繋がっているということ。


まずは行動しかない!


『陶芸をするなら世界一』の場所から人と人との繋がり、昔の知恵と新しい技術のハイブリッド、「エコビレッジ」を作ることで総合的な解決策につながるのでは、と考えNPO法人を立ち上げました。


主な活動は、空き家活用のシェアハウス移住者サポートや移住をイメージした町歩き会を開催、スタートしたばかりのコミュニティ農園。


これからやりたいこは空き家問題啓蒙活動、環境問題啓蒙活動、アーティスト支援、フリースクール、清掃代行ネットワーク作りなど、多岐にわたっています。



ぜひ私たちと関わりませんか!






使われていない農地の利用

獣害対策に網張りと、かぼちゃとさつまいもの苗植えをしました。(6月)

今後コミュニティ農園にしていきたい。

Carousel imageCarousel imageCarousel imageCarousel image

最新情報:2022年7月1日

ホームページ開設しました。